どのように生きるか

病気:躁うつ病・薬物依存(処方箋依存) 趣味:ウォーキング・読書・太極拳 宗教:天理教 平和:九条の会 一言:リンクを有効に活用してください!(本ブログはトラックバックの受付は行っておりません)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
薬害肝炎 ***
販売前「500人死亡」予測
旧ミドリ十字の会長
小池議員、謝罪・賠償を要求

 薬害C型肝炎問題で、被害者に謝罪も償いもしていない加害企業の旧ミドリ十字(現田辺三菱製薬)は、フィブリノゲン製剤を投与すると死亡者を含めて大量の被害者が出ることを予測しながら製造・販売していたことが十日の日本共産党の小池晃参院議員の国会質問で明らかになりました。

 被害予測をしていたのは、旧ミドリ十字の内藤良一会長(故人)です。当時は「日本ブラッドバンク」の専務取締役でした。

 内藤氏は『日本産科婦人科学会雑誌』一九六三年九月号で、「私のお詫(わ)び」と題して肝炎被害を出した謝罪文を載せました。

 「お詫び」では、「(血液製剤製造の技術を導入した)張本人として、その罪業(ざいごう)の深さを痛感する」とのべています。

 さらに、血液製剤による肝炎発生率は「4・5%―11・9%」となり、輸血による肝炎発生率より高率であること、死亡率も「0・2%―6・8%と決して軽視」できないと指摘。紫外線照射しても肝炎ウイルスは死滅せずに「ほとんど無効」と分析しています。さらに、「毎年五千人の肝炎患者を出し、その死亡率を1%と見ても十年間に五百人の死亡を招く」と述べています。

 ところが同社は、「お詫び」を出して一年もしない六四年六月、「ほとんど無効」と分析していた「紫外線照射」をしただけのフィブリノゲン製剤を製造承認を受けて販売。予測をはるかに上回る感染被害をだしたのです。

 小池議員は「病原微生物に汚染されている恐れがある医薬品の販売を禁止した薬事法に違反した犯罪」と糾弾。「真摯(しんし)な謝罪と損害賠償の責任は免れない」として加害企業の責任を国として明確に迫ることを求めました。

 舛添要一厚生労働大臣は「きちんと責任を取らせて、救済についても応分に果たしてもらう。全面的に取り組む」と答弁しました。

 旧ミドリ十字の内藤良一会長 関東軍防疫給水部七三一部隊に所属。同部隊の石井四郎中将の右腕として、国際法違反の生物兵器の使用や、中国東北部(旧満州)での捕虜などに対する人体実験にかかわりました。戦後、七三一部隊のメンバーとともに「日本ブラッドバンク」社を設立。一九六四年、社名をミドリ十字に変えて、会長になりました。
| 薬害 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
薬害肝炎 ***
国は危険を隠ぺい
小池議員 全被害者への補償要求

 日本共産党の小池晃議員は血液製剤フィブリノゲンによってC型肝炎に感染した問題で、六日の参院厚生労働委員会で、「原因と責任をきちんとしないと被害者への補償も不十分になる」とし、国の責任を正面から追及しました。

 小池氏は、「一九七〇年代前半から、国は感染の拡大を食い止める機会があったのではないか」と指摘。七七年に米国食品医薬品局(FDA)がフィブリノゲンの承認を取り消したことを、旧厚生省がいつ知ったのかとただすと、高橋直人医薬食品局長は「具体的に判明していない」と答弁しました。

 小池氏は、販売元の旧ミドリ十字(現田辺三菱製薬)はフィブリノゲンが六四年に認可されて以降、添付文書を安全だと書きかえてきたが、七五年には米国医師会が指摘した肝炎の発生率と同じ数字を記載するようになった事例や、厚生省自身が七三年に出した『生物学的製剤基準解説』が、フィブリノゲンでの肝炎感染の危険性や、より安全な代替治療法について紹介していた事実を指摘。「FDAの承認取り消しを見過ごしたのだとしたら、国の責任は重大だ」とただしたのにたいし、高橋局長は「日本の場合には事情が違う」などと言い逃れました。小池氏は「責任を逃れるための合理化だ」と厳しく批判しました。

 その上で、「この背景には政官業の癒着がある」と指摘したのにたいし高橋局長は、ミドリ十字に四人の厚生官僚が天下っていることを認めました。

 小池氏は「のちに社長になった松下廉蔵氏は、『解説』をつくったときの薬務局長だった。危険性を知りながらミドリ十字でフィブリノゲンを売り続けた。見過ごしたのではなく、隠蔽(いんぺい)だ」と厳しく批判しました。

 また、二〇〇六年の政治資金収支報告書では、製薬産業政治連盟から当時の川崎二郎厚労相などに、合計一億円の政治献金が送られている事実を示し、「行政をゆがめる企業献金は禁止すべきだ」と強調しました。

 小池氏は、「投与時期などでわけへだてすることなくすべての被害者に謝罪し、補償する」よう求めました。舛添要一厚労相は「できるだけ多くの被害者を救済していく」と述べました。

| 薬害 | 20:18 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
薬害肝炎(政・官・業癒着の産物)


夏の参院選挙の結果をうけた新しい情勢のもと、国民の運動と国会論戦によって、政治が前向きに動く可能性が広がっています。国民生活に深くかかわる諸問題で、政治が実際にどう動いているのか、日本共産党はどんな役割を果たしているのか、党国会議員へのインタビューをシリーズでお届けします。第一回は、小池晃参院議員に薬害肝炎問題を聞きました。
 ――薬害肝炎問題は大きなヤマ場を迎えています。日本共産党の国会での追及で新たに解明されたことは何ですか?

 大阪高裁と福岡高裁で和解勧告が出されて全面解決に向かっての議論が本格的に始まっています。国会では、旧ミドリ十字(現田辺三菱製薬)が二〇〇二年に厚生労働省に報告した感染者が特定できるリストが地下倉庫に放置されたまま眠っていたことが判明して大問題になりました。

 党の国会議員団は、この問題を〇二年の時期に限定せず解明に努めました。「フィブリノゲン」製剤による被害が発生した一九八七年の当初から被害者を特定できる副作用報告書があるのにその資料はどうなっているのかをただしました。その結果、大事な命の記録を原本も写しもすべて破棄していたことが明らかになりました。

 もう一つは、八七年に青森県で集団感染をした時に厚生省薬務局からミドリ十字に天下った今村泰一東京支社長と、同省官僚が副作用被害隠ぺいのために克明に打ち合わせをしていた記録を暴露しました。薬害隠しは、製薬企業に天下りした先輩と、後輩の現職官僚が共犯で二十年前から行った犯罪であると、追及しました。

□   □

 ――党の国会議員団は、薬害肝炎が大きな問題になった〇一年当初から早期救済と真相究明、国の責任について質問してきました。

 そうです。国の責任で早期発見と治療を行う救済の施策を政党では最初に要求しました。〇一年に無料でC型肝炎検査ができるように制度の創設を要請し、〇二年には予算化させました。

 国の責任についても、感染の危険性を予見できたことを新しい文献を示して明らかにしました。

 「フィブリノゲン」製剤は、数万人の血漿(けっしょう)をプールしてつくります。その血漿に一人でも肝炎ウイルス感染者がいたらすべてが汚染されるのできわめて危険性が高いのです。これは承認・販売された六四年当時から指摘されていたことです。

 六七年には審査が厳格になり、医薬品再評価によって安全性についてチェックされるはずでした。ところが旧ミドリ十字は「フィブリノゲン」を「フィブリノーゲン」と一文字だけ変えて「新薬」扱いにして再評価を逃れ、販売を続けました。七三年には米国医師会が「フィブリノゲン」製剤から肝炎に感染する危険を指摘。翌年、厚生省は添付文書を書き換えさせています。七七年、米国食品医薬品局(FDA)は「フィブリノゲン」製剤の製造・販売の中止を決めました。

 日本ではその後も使われつづけたわけで、国の責任は二重、三重に重いといえます。

□   □

 ――何度も承認・販売を見直すチャンスがありながら、それが放置されたのはなぜですか?

 六五年に米国のライシャワー大使が暴漢に襲われる事件が起き、輸血が原因で彼は急性肝炎になりました。この事件をきっかけにして危険な「売血」が社会問題になり、禁止されます。売血でもうけてきたミドリ十字は、存亡の危機となり、生き残りを図るために「フィブリノゲン」製剤を社運を賭けて商品にして販売しました。危険と分かっていても売り続けた。それを可能にしたのは、たくさんの天下りを受け入れて、厚生省に販売の継続を容認させてきたからです。また、製薬企業は自民党はじめ、厚労族議員に多額の献金をしてきたのです。

 ――早期全面解決にとって大切なことは?

 被害者の救済は待ったなしです。感染時期や投与された製剤の違いなどで選別することなく全員の救済を図ることです。

 先にふれたように薬害肝炎は決して「不幸な出来事」(与党「肝炎基本法案」)ではなく、危険性を知りながら企業の利益を優先した政・官・業の構造的癒着が生んだ薬害事件です。真相を徹底的に解明して法的責任をあいまいにせずに被害者に謝罪することが二度とこうした事を起こさないための保障です。

 党国会議員団は、企業・団体献金を受け取らない唯一の党として政治家への献金、官僚の天下りにメスを入れることを一貫して追及してきました。製薬企業の利益は、国民が払った医療費です。そうした利益が政治家に流れて、被害は国民が負うという構造をなくさなければなりません。二度と薬害を繰り返させないという被害者の命をかけた、たたかいに応えるためにも癒着の構造を断ち切るために力をつくします。

JUGEMテーマ:健康


| 薬害 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

この本は、朝日新聞朝刊の「声」欄に載った、人の胸をうつもの、心がゆさぶられるようなもの九十九編を選び作られたものです。この本が”明日を信じる勇気”になれば幸いです。(編集部)
+ RECOMMEND
臨床精神薬理 第10巻10号 (10)
臨床精神薬理 第10巻10号 (10) (JUGEMレビュー »)

批判的に読まれることをお勧めします。何故か、精神科医は薬剤業界からの寄付金で研究しています。癒着構造はマスコミ等でご承知の通りです。あえて言及いたしません。治験データ改ざん等、問題はたくさんあります。患者より自分の利益を優先します。ペンジジアゼピンがどのような歴史の中で日本で承認されたか調べてみるとよいと思います。未だに、承認に関わった精神科医は欺瞞的な態度をとっています。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
憲法の力 (集英社新書 399A)
憲法の力 (集英社新書 399A) (JUGEMレビュー »)
伊藤 真
憲法改正論議の必読書です! 法律学科の学生・卒業生は是非、お読みください。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

精神科に行く前に読んでください!
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
東京の下層社会―明治から終戦まで
東京の下層社会―明治から終戦まで (JUGEMレビュー »)
紀田 順一郎
下層社会の入門書です!
+ RECOMMEND
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会 (JUGEMレビュー »)
日本寄せ場学会年報編集委員会
寄せ場の文献案内です。解説が非常に参考になります。
+ RECOMMEND
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
灰谷 健次郎
灰谷作品の中で2番目に好きな作品です!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ