どのように生きるか

病気:躁うつ病・薬物依存(処方箋依存) 趣味:ウォーキング・読書・太極拳 宗教:天理教 平和:九条の会 一言:リンクを有効に活用してください!(本ブログはトラックバックの受付は行っておりません)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
成人の日
若者が希望もてる未来へ
 新成人のみなさん、おめでとうございます。今年は全国で百三十五万人が、「成人の日」を迎えます。

 みなさんが、それぞれの夢にむかって前向きに挑戦されることを、日本共産党は心から応援します。

若者の声が社会を動かす 
若いみなさんの願いと声が、社会や政治を動かしはじめていることに、私たちは注目しています。

 「人間らしく働きたい」「まともに生活できる仕事を」―数年前まで、若者のひどい働かされ方や貧困について、「青年のやる気の問題」などとしてまともに向き合わなかった政府が、昨年、「ネットカフェ難民」の調査をおこないました。日本民主青年同盟や首都圏青年ユニオンのみなさんが、職場でモノ扱いされてきた若者と全国各地で対話し、闇のなかにあった「ネットカフェ難民」などの実態を調べ、告発し、社会の大問題にしてきたからです。

 「お金の心配なく学びたい」の声と運動を前に、東京大学では、年収四百万円未満の世帯の学生の授業料が、免除されることになりました。世界に例のない高学費を、長期にわたって押しつけてきた政府の政策に、風穴をあける画期的な成果です。

 「殺されたくないし、だれも殺したくない」―憲法九条を守りたいと願う若いみなさんの声は年々大きくなり、昨年は、しゃにむに改憲をすすめようとした安倍内閣を退陣においこみました。学生「九条の会」のみなさんが、「九条を守る世代になりたい」と自分の言葉で語り、それを聞いた学生が考え豊かに語りだす、そんな新しい運動が全国に広がっていることも、頼もしいかぎりです。

 戦争のない世界をもとめる願いは、いま、巨大な流れとなって、世界を覆いつつあります。東南アジア諸国から始まった東南アジア友好協力条約(TAC)という平和の共同体づくりが、地球の人口の57%にもなる二十四カ国、三十七億人へと広がっていることもその一つです。

 「自分たちが生きているこの地球を大切にしたい」―温暖化などから地球環境を守ることは、まったなしの人類共通の課題です。未来に生きる若いみなさんの不安と関心が高いのも当然です。

 世界の科学者たちは、「温暖化の原因は人間の経済活動」「今後二十年の努力が大切」と警告しました。国連事務総長は、「科学者は仕事をした。今度は政治家が役目を果たすべき」とのべました。ところが昨年インドネシア・バリ島でひらかれた国際会議で、日本とアメリカ政府は、経済界の意向を優先し、温暖化の原因となる二酸化炭素排出削減の数値目標を明記することに反対し、世界中から批判の的となりました。若いみなさんの「地球を守るために、自分もなにか」という思いが、地球環境を守る世界の多くの人々の努力に結びつく新しい年にしたいものです。

人間的・社会的連帯の力で
 雇用や学費でも、平和・憲法でも、地球環境でも、若いみなさんの願いこそ世界の流れと重なっており、それに背をむける自民党の政治は世界の流れから孤立しています。

 今年は総選挙が予想される年です。成人をむかえたみなさんがはじめて、国の主権者としての「一票」を行使することになります。若いみなさんの勇気ある選択で、青年の要求や願いに正面からこたえる政治をつくりだすまたとないチャンスです。

 日本共産党は、若いみなさんが力をあわせることに心からエールを送ります。希望のもてる未来をめざして、ともに力をつくします。

| 生き方 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

この本は、朝日新聞朝刊の「声」欄に載った、人の胸をうつもの、心がゆさぶられるようなもの九十九編を選び作られたものです。この本が”明日を信じる勇気”になれば幸いです。(編集部)
+ RECOMMEND
臨床精神薬理 第10巻10号 (10)
臨床精神薬理 第10巻10号 (10) (JUGEMレビュー »)

批判的に読まれることをお勧めします。何故か、精神科医は薬剤業界からの寄付金で研究しています。癒着構造はマスコミ等でご承知の通りです。あえて言及いたしません。治験データ改ざん等、問題はたくさんあります。患者より自分の利益を優先します。ペンジジアゼピンがどのような歴史の中で日本で承認されたか調べてみるとよいと思います。未だに、承認に関わった精神科医は欺瞞的な態度をとっています。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
憲法の力 (集英社新書 399A)
憲法の力 (集英社新書 399A) (JUGEMレビュー »)
伊藤 真
憲法改正論議の必読書です! 法律学科の学生・卒業生は是非、お読みください。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

精神科に行く前に読んでください!
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
東京の下層社会―明治から終戦まで
東京の下層社会―明治から終戦まで (JUGEMレビュー »)
紀田 順一郎
下層社会の入門書です!
+ RECOMMEND
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会 (JUGEMレビュー »)
日本寄せ場学会年報編集委員会
寄せ場の文献案内です。解説が非常に参考になります。
+ RECOMMEND
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
灰谷 健次郎
灰谷作品の中で2番目に好きな作品です!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ