どのように生きるか

病気:躁うつ病・薬物依存(処方箋依存) 趣味:ウォーキング・読書・太極拳 宗教:天理教 平和:九条の会 一言:リンクを有効に活用してください!(本ブログはトラックバックの受付は行っておりません)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
スピリチュアルってどう? ***
女どうし座談会

 「今なぜ スピリチュアル?」(9月24日付)の記事に、多くの反響がありました。スピリチュアル(霊的・精神的)第2弾として、関心のある3人の女性に集まってもらい、柿田睦夫記者を交えて座談会を行いました。

 ――本紙の100人アンケートでは6割近い青年が「霊」を信じていたけど、皆さんの周りはどうですか?

霊はいるのかな
 和美 私は、「生きかえり」は信じないけど、霊はいるのかなって思う。小さいころ、身近な人が亡くなって…。大変なとき、その人が周りにいるような気がして、がんばれた経験がある。

 あやね うちは理系の大学なんだけど、非科学的なことを信じてる友達、多いよ。身体測定のとき「自分が羽だと念じれば軽くなるんだよ!」って本気で信じてる子がいて。(笑い)

 あき 私はクリスチャン系の神大学だったの。朝の礼拝で「神に感謝しなさい」って、疑問だったなぁ。聖書の授業で「人間は神様のろっ骨から作られた」って信じている人もいたし、「進化論」を信じない人もいた。

 ――読者の反響では、「一概に否定しないで」という意見もありました。

どういう意味?
 あやね そもそもスピリチュアルって、どういう意味なんですか?

 柿田 キリシタン用語に「スピリツ」(霊・精神)という語があってね。スピリチュアルもヨーロッパでは宗教的な意味で使われている。ところが日本では違い、昔からあった「霊界、たたり、占い」といった意味にすりかえてしまったんやね。占い師や霊能者もスピリチュアルカウンセラーと呼べば、何か違うイメージになるやろ。

 和美 なるほど。

 ――「占い」はどう?

“人生の応援団”
 あき 本屋でバイトしてたとき、細木数子さんの本は本当によく売れてた。Dr・コパの風水とかも。血液型占いとか星座占いとか、毎朝テレビでやってるじゃない。

 和美 細木さんの本は私も読んだよ。「運気が下がっているからうまくいかなかった」なんて書かれていると、「当たってる」と思っちゃう。

 あやね 占いは、人生が受動的になっちゃう気がする。「運命だからしょうがない」って。

 和美 でも迷った時、占い師に「最後のひと押し」をしてもらうのは、ありなんじゃない?

 あやね 友達や家族じゃなくて、自分のことも相手のことも知らない人に?

 和美 友達も忙しそうだし、相談できる人がいない時ってあるじゃない。あまりにも不幸なことが重なると、考えるのがつらくなるし。

 柿田 本格的な占い師はたくさんの人生を見ているから、“人生の応援団”になってもらえることもあるかもしれんね。

 ――アンケートでは「唯物論はつまらない」という意見もありました。

「なぜ」と考える
 和美 私は、世の中のすべてがわかってしまうより、何か不思議なことがあったほうが面白い気もするけど。

 柿田 科学とは何かということだと思う。辞書を引くと「一定領域の対象を客観的な方法で系統的に研究する活動。またはその成果の内容」といったことが書いてある。世の中には科学の対象になるものと、そうでない領域とがあるんやね。「優しい」とか「美しい」を科学で証明できる?

 あき 無理ですよね、感覚の問題だもん。

 柿田 科学の及ばない領域に科学を持ち込もうとしたり、科学的事実かのように教えこもうとするからわからなくなる。オウムや統一協会のような「カルト」も同じ手法を使ってるんだよ。

 あき テレビでも、それをごちゃまぜに報道してるよね。

 柿田 テレビは公正な報道をしなければいけないんだから、もっと責任をもってほしいな。実際はカウンセラーがそう「感じている」ことを、さも普遍的な事実かのように断定的に使っている。最近は「科学的に証明されていない」というテロップを流す局もあるけれど、それでも不十分だと思うね。

 あき そうですね。

 柿田 もう一つ。世の中には「わからない」ことがたくさんある。それを霊とか占いで解決するのでなく、「なぜだろう」と考えてみることが大切かもしれんね。

 あやね 自分で考えて、自分の欠点を認めるのって自己肯定感が必要だと思う。一つの欠点を人格の全否定につなげてしまわないように。

 和美 “ダメな自分”でも受け入れてもらえたり、相談できる人がいるって大事だよね。解決の方向が見えるとか、そういう環境があればいいね。

 あやね 「運命なんだ」って思考停止しないで、いっしょに考えようよって「おせっかい」も必要だよね。

 ――皆さん、今日はありがとうございました。

出席者
 古川 あき (28) 福祉施設職員
 三橋あやね (22) 大学生
 町田 和美 (29) 事務職員
 =3人とも仮名
 柿田 睦夫 (本紙社会部 主な著書に『現代こころ模様―エホバの証人、ヤマギシ会に見る』、『現代葬儀考』など)
司会 平井 真帆 (本紙社会部)
(敬称略)

お悩みHunter
マスコミへ就職希望 高額講座にビックリ
 Q マスコミ業界への就職活動を始めたばかりです。インターネットで見たら、テレビ局などが、かなり高額の講座をやっていて、びっくりしました。就活もカネ次第なんかなあって。アルバイトでぎりぎりの生活をしている身では、無理なんでしょうか。(21歳、女性。東京都)

業界も多様 焦る必要なし
 A せっかく就活を始めたのに、これではタメ息が出ますね。確かにテレビ局の講座は高額です。キー局のアナウンサーなど、3年の夏には試験です。対応も早くしないと間に合いません。

 しかし、これらはあくまでも一部のテレビ界の実態です。マスコミ界すべてではありません。

 今やタレント化した「女子アナ」を目指すのであれば別ですが、マスコミ界と一口にいっても多様です。焦る必要はありません。

 また、就職「対策学習」だけで合格できるほど甘くもないようです。一番大切なのは、マスコミ人としてどう社会と向き合い、何を発信したいのか、自分の生き方といかにかかわらせるのかです。

 「表面的な対策よりも、自分の考えをしっかり持つことが大切」

 私の授業の受講生に、全国紙のある記者の方が、自らの体験を語ってくれたことがあります。現に、マスコミ界に就職した身近な卒業生たちは、自分の学生生活を楽しみ、活躍していました。

 ですから、一部の現象だけに目を奪われて惑わされるのではなく、いかに仕事にかかわり自己実現したいのか、多様なメディアも含めて就活すべきでしょう。

 高額な講座などに頼らなくても大丈夫。これまでの生活・学習体験からつかんだことに確信を持ちましょう。同時にもっと情報収集に努め、自分らしいやり方、勉強法を工夫しましょう。

 必ず突破できますよ。

教育評論家 尾木 直樹さん
 法政大学キャリアデザイン学部教授。中高二十二年間の教員経験を生かし、調査研究、全国での講演活動等に取り組む。著書多数。
| こころ | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

この本は、朝日新聞朝刊の「声」欄に載った、人の胸をうつもの、心がゆさぶられるようなもの九十九編を選び作られたものです。この本が”明日を信じる勇気”になれば幸いです。(編集部)
+ RECOMMEND
臨床精神薬理 第10巻10号 (10)
臨床精神薬理 第10巻10号 (10) (JUGEMレビュー »)

批判的に読まれることをお勧めします。何故か、精神科医は薬剤業界からの寄付金で研究しています。癒着構造はマスコミ等でご承知の通りです。あえて言及いたしません。治験データ改ざん等、問題はたくさんあります。患者より自分の利益を優先します。ペンジジアゼピンがどのような歴史の中で日本で承認されたか調べてみるとよいと思います。未だに、承認に関わった精神科医は欺瞞的な態度をとっています。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
憲法の力 (集英社新書 399A)
憲法の力 (集英社新書 399A) (JUGEMレビュー »)
伊藤 真
憲法改正論議の必読書です! 法律学科の学生・卒業生は是非、お読みください。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

精神科に行く前に読んでください!
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
東京の下層社会―明治から終戦まで
東京の下層社会―明治から終戦まで (JUGEMレビュー »)
紀田 順一郎
下層社会の入門書です!
+ RECOMMEND
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会 (JUGEMレビュー »)
日本寄せ場学会年報編集委員会
寄せ場の文献案内です。解説が非常に参考になります。
+ RECOMMEND
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
灰谷 健次郎
灰谷作品の中で2番目に好きな作品です!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ