どのように生きるか

病気:躁うつ病・薬物依存(処方箋依存) 趣味:ウォーキング・読書・太極拳 宗教:天理教 平和:九条の会 一言:リンクを有効に活用してください!(本ブログはトラックバックの受付は行っておりません)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
不毛地帯ですか!
政軍財の癒着を究明せよ
 「これはわいろに違いない」とだれもが思いました。軍需商社山田洋行の宮崎元伸元専務による守屋武昌前防衛事務次官への過剰接待です。
 その宮崎元専務を東京地検特捜部が逮捕しました。同社の米国子会社にプールされていた裏金一億円を着服したという業務上横領容疑です。しかし、事件がこれで終わりと考える人はいません。過剰接待の見返りは何か、年間五兆円に及ぶ巨額の軍事予算が腐敗の温床ではないか、政治家はどう動いたのか―。長く聖域とされてきた巨大な「政軍財」利権構造に、深く切り込むべきです。
巨額の裏金使い…
 当面の焦点は、守屋前次官による元専務側への便宜供与の内容です。すでに、山田洋行が防衛庁(現防衛省)への装備品納入での多額水増し請求で処分を免れた問題、自衛隊の次期輸送機(CX)エンジン調達で元専務の立ち上げた新会社への発注に口利きしたなどの問題が浮かんでいますが、地位を利用して行政をゆがめた事実が明らかになれば、防衛省の官僚トップによる収賄事件へと発展することになります。

 なにしろ元専務が守屋氏につぎ込んだ金は半端ではありません。一回四―五万円かかるゴルフ接待が少なくとも二百回というのですから、それだけでも一千万円近い負担です。マージャン、飲食、高級クラブ接待、高価な贈り物もあります。

 元専務は山田洋行で年間一億円もの接待費を使っていたとされます。営利企業が、なんの見返りも無しに、ただ「友だちづきあい」(守屋氏)のため、こんな巨額の金を出していたとしたら、それこそ異常です。

 守屋氏は二十三年前、防衛庁OBを介して宮崎元専務と知り合い、守屋氏もまた、後輩の官僚たちを元専務に引き合わせたと認めました。防衛庁から山田洋行に天下りした者も多数います。癒着は守屋―宮崎関係にとどまらず、軍需産業と防衛省のなれ合い・相互依存関係として連綿と築かれてきました。その大本にあるのが、国民の税金を湯水のように注ぐ巨額の軍事費であることに、怒りを覚えぬ人はいません。

 宮崎元専務が、守屋氏を中心とする防衛省人脈とともに、米国政府やゼネラル・エレクトリック(GE)など軍需産業と強い結びつきをもつ人物であることも注意をひきます。事は、日米の軍需産業と防衛省との癒着という様相さえみせています。

 守屋氏は衆院の証人喚問で、日本共産党の赤嶺政賢議員の尋問に、元専務との会食で防衛庁長官経験者を含む複数の政治家と同席したことを認めました。久間章生元防衛相は現職大臣時に接待を受け、額賀福志郎財務相は多額の「お車代」を受け取っていました。疑惑の解明を、守屋氏にとどめず、政治家にも広げて徹底的に行うことが求められます。

司法と国会が解明を
 守屋氏にはインド洋での海上自衛隊の給油をめぐる転用疑惑の隠ぺい工作にも加担した疑いが浮上しています。こんな疑惑まみれの状態で、「世界の平和」だの、「国際貢献」だのを語るというのは、まことにおこがましいことです。政府が数々の疑惑に口をぬぐって戦争支援のテロ新法を、国会の会期を延長してまで成立させようとしているのは断じて許されません。

 日本共産党の穀田恵二国対委員長は、元専務の逮捕を受け、「司法による厳正な捜査と国会における解明は車の両輪」とのべました。真相解明へ、国会が国民にたいして負う責任も、とりわけ重くなっています。

続きを読む
続きを読む >>
| 読書 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
兎の眼
以前から灰谷の作品を読むように進められていましたが、なかなか読めずに今日まで来てしまいました。今回、初めて灰谷の「兎の眼」を読み、非常に感動しました。登場人物は大学を出たばかりの小谷先生(女性)と先生の受け持った小学1年生の生徒である無口な鉄三、処理所の仲間たち、障害のあるみな子、先生の同僚である足立先生など。小谷先生は無口な鉄三にはじめ手こずります。そこで小谷先生は処理所にある鉄三の家に行きます。そこで小谷先生は鉄三が色々なハエを集め飼育していることを知り、小谷先生も自分でハエの勉強を行い鉄三とともにハエの研究を行います。この作業の中から小谷先生と鉄三の心が少しずつ近づいてきます。また、知恵遅れのみな子をクラスで引き受けることに決め、最初はみな子の世話で授業が全然進みませんでしたが、クラスの中でみな子の当番をする生徒を決め、生徒の一人ひとりがみな子と接するうちに、子供たちの心の中に他者に対する思いやりの心が芽生えてくるようになります。
この本を読み、今までの自分を振り返ってみると、自分を犠牲にしてまで本当に人のために何かしたことがあるのか真剣に考えさせられてしまいまた。
今までの自分が何だったのか50歳近くになり、一からのスタートになるかも知れません。
これから灰谷の作品を少しずつ読んで行こうと思っています。
| 読書 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ夏休み、何を読もうか迷われていませんか
『現代を読む 100冊のノンフィクション』佐高信著(岩波新書)

私は図書館に行き、新しい読みたい本を探すのに時間がかなりかかります。毎週日曜日、地元の公共図書館に行きますが行けば、本探しに3,4時間はすぐに経ってしまいます。それでも読みたい本が見つからず、家に帰る始末です。最近はどこの図書館でもホームページで検索、予約が出来、非常に便利になりました。
今回、紹介する本は、本の紹介本です。なかなか参考になると思いますので是非、ご利用ください。このホームページには掲載されていませんが、佐高信著の
「戦後を読む 50冊のフィクション」(岩波新書)も参考になるでしょう。
| 読書 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
読書
読書は私にとって一番の楽しみです。大学時代の20代は、純文学、本多勝一、鎌田慧、30代は五木寛之、山本周五郎、水上勉、40代は、藤沢周平、乙川優三郎、吉村昭、南原幹夫、2年ほど前、都市の下層社会に興味を抱き、横山源之助、江口英一、宮下忠子等、山谷、釜ガ崎、寿町関係の本を読みました。その後、ノンフィクションに関心が移り、裁判、公害、戦後の社会事件、過労死、ハンセンシ病関連の本を濫読しました。
小説では、山本周五郎、藤沢周平、井上靖、五木寛之、吉村昭が大好きです。
ノンフィクションでは、鎌田慧、本多勝一(大学時代)、また柳田邦夫編の「同時代ノンフィクション選集」がすばらしいです。
今は、佐木隆三、西村望の犯罪物の本にかぶりついています。
| 読書 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

この本は、朝日新聞朝刊の「声」欄に載った、人の胸をうつもの、心がゆさぶられるようなもの九十九編を選び作られたものです。この本が”明日を信じる勇気”になれば幸いです。(編集部)
+ RECOMMEND
臨床精神薬理 第10巻10号 (10)
臨床精神薬理 第10巻10号 (10) (JUGEMレビュー »)

批判的に読まれることをお勧めします。何故か、精神科医は薬剤業界からの寄付金で研究しています。癒着構造はマスコミ等でご承知の通りです。あえて言及いたしません。治験データ改ざん等、問題はたくさんあります。患者より自分の利益を優先します。ペンジジアゼピンがどのような歴史の中で日本で承認されたか調べてみるとよいと思います。未だに、承認に関わった精神科医は欺瞞的な態度をとっています。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
憲法の力 (集英社新書 399A)
憲法の力 (集英社新書 399A) (JUGEMレビュー »)
伊藤 真
憲法改正論議の必読書です! 法律学科の学生・卒業生は是非、お読みください。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

精神科に行く前に読んでください!
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
東京の下層社会―明治から終戦まで
東京の下層社会―明治から終戦まで (JUGEMレビュー »)
紀田 順一郎
下層社会の入門書です!
+ RECOMMEND
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会 (JUGEMレビュー »)
日本寄せ場学会年報編集委員会
寄せ場の文献案内です。解説が非常に参考になります。
+ RECOMMEND
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
灰谷 健次郎
灰谷作品の中で2番目に好きな作品です!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ