どのように生きるか

病気:躁うつ病・薬物依存(処方箋依存) 趣味:ウォーキング・読書・太極拳 宗教:天理教 平和:九条の会 一言:リンクを有効に活用してください!(本ブログはトラックバックの受付は行っておりません)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「応益負担」は違憲
2008年11月1日(土)「しんぶん赤旗」

「応益負担」は違憲
8地裁 障害者ら30人が提訴

 障害者自立支援法の「応益負担」は、法の下の平等などを定めた憲法に反するとして、東京や京都など八都府県の障害者二十九人とその親一人の計三十人が三十一日、全国八地裁にいっせい提訴しました。

 「応益負担」は、福祉や医療サービスを利用した障害者に、原則一割の利用料負担を課す制度。障害が重いほど利用するサービスも増え、それに応じて負担も重くなります。

 原告は訴状で、この制度そのものが、障害者の生きる権利を奪うと批判。すべての国民が等しく生きる権利を定めた憲法二五条(生存権)や一三条(幸福追求の権利)、一四条(法の下の平等)などに違反すると訴えています。

 提訴したのは、福岡、広島、兵庫、大阪、京都、滋賀、東京、埼玉の各都府県の障害者ら。

 障害者自立支援法は二〇〇五年十月三十一日、国会で成立しました。自民、公明が賛成、共産、民主、社民が反対しました。〇六年四月一日から施行されています。今回の提訴は、法律が成立してちょうど三年目の月日に行いました。

 原告らは提訴のあと、東京・霞が関の司法記者クラブで会見。全国弁護団(竹下義樹団長)の藤岡毅事務局長は、訴訟の意義について「福岡の原告の障害者は、施設で働いて月八千円の給料をもらい、月七千五百円の利用料負担をした。まるで障害者が働くことへの課金だ。だれが考えてもおかしいのが、この『応益負担』です」と話しました。
| 障害者 | 20:32 | comments(1) | - | pookmark |
障害者自立支援法の影響
障害者自立支援法の影響
党国会議員団が調査

 日本共産党国会議員団・障害者の全面参加と平等推進委員会(責任者・小池晃参院議員)は三十一日、障害者自立支援法による影響実態調査を開始しました。昨年八月実施の調査に続き、三回目となる調査です。

 障害者自立支援法は二〇〇六年四月に実施されて以来、二年半近くが経過しました。国民の世論と運動におされ、政府は「特別対策」や「緊急措置」を実施してきましたが、定率一割の応益負担制度は残されたままです。
 国は、「〇九年法改正」を予定しています。このような動きのなかで、応益負担の影響を中心に、事業所経営と深刻な人材確保の問題など、三年間の実態の総括・検証が切実に求められています。

 日本共産党は九月中旬をめどに調査結果をまとめ、臨時国会の論戦にいかし、自立支援法の抜本的見直し実現へ全力をあげることにしています。

 今回の実態調査は、全国各地の障害者施設・事業所に加え、障害児施設・事業所にもアンケート用紙を郵送して協力を呼びかけています。また、都道府県・政令市・中核市など自治体向けアンケートも実施しています。日本共産党のホームページにもアンケート用紙を掲載しています。
| 障害者 | 17:37 | comments(0) | - | pookmark |
人間の尊厳守る判決を
2008年5月11日(日)「しんぶん赤旗」

東京 生存権裁判勝利へ総会

--------------------------------------------------------------------------------

 生活保護の老齢加算、母子加算の廃止・削減は憲法違反、「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法二五条)を保障し、人間らしく生きるために加算を元に戻せと訴える「生存権裁判」で勝利を勝ち取ろうと十日、同裁判を支援する全国連絡会が東京都内で第二回総会を開きました。

 六月二十六日に東京地裁で全国で初めて判決が出されます。総会は、東京地裁で勝利判決を勝ち取り、九月の広島地裁判決をはじめ各地の裁判で勝利を獲得し、貧困打開への大きな流れを作り出そうと開かれました。

 東京弁護団事務局長の渕上隆弁護士は憲法二五条の生存権、生活保護法の不利益変更禁止の原則の侵害が東京裁判の争点であり、厚生労働省が加算廃止の根拠にした専門委員会での議論は、加算廃止が大勢ではなかったことが裁判で明らかにされたと述べ「東京裁判の持つ重みは大きい。判決を武器に制度をどう動かすかが大事だ」と強調。新井章弁護団長は世論の喚起を呼びかけました。

 総会では、小川政亮会長(日本社会事業大学名誉教授)が「第二の朝日訴訟になる生存権裁判で必ず勝利を」と開会あいさつしました。

 原告は九都道府県十地裁で百十五人。昨年十二月、母子加算削減取り消しを求めて札幌地裁に提訴した女性(44)は、「母さんが裁判やるならいいよ」という子の声に押され裁判に踏み切ったと述べ、「憲法二五条が保障する暮らし、子どもと二人、笑って暮らせる毎日にしたい」と訴えました。

 東京都、北海道、京都府、広島、青森、新潟、兵庫、福岡各県の支援する会の代表が取り組みを報告、交流しました。


| 障害者 | 12:31 | comments(1) | - | pookmark |
障害者権利条約
批准へ国内法の見直しを急げ

 国連の障害者権利条約が三日、発効しました。発効に必要な批准国が先月二十カ国に達したためです。

 一昨年十二月の国連総会で採択された同条約には百を超える国が署名しており、日本政府も昨年九月に署名して、現在批准に向けて準備作業を進めています。条約の批准は当然ですが、政府にいま求められているのは単に批准さえすればよしとする態度ではなく、障害者の権利保障をうたった条約に違反するような現状を早急に是正することです。
権利侵害の「応益負担」
 「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利について平等である」とうたった「世界人権宣言」が採択(一九四八年)されて、今年で六十年になります。この間、国連は人権保障を一貫して重視し、人種差別や女性差別の撤廃条約、子どもの権利条約の制定などにとりくんできました。障害者分野では、「障害者の権利宣言」(一九七五年)や「国際障害者年」(一九八一年)をはじめ積極的な議論と共同行動が展開され、同時に、アメリカをはじめ世界各国で、差別禁止と平等の実現をめざす新たな障害者法制確立の動きが広がりました。

 二十一世紀最初の人権条約である障害者権利条約は、人権保障の国際的到達点をしめすものです。すべての人に保障されるべき普遍的な人権と基本的自由を、障害のある人にたいして差別なく完全に保障することを提起しています。福祉サービス、雇用、教育など各分野において、「障害にもとづく差別」を禁止し、平等を促進するために、締約国が適切な行動をとることが規定されていることも特徴です。
 国際条約は憲法に次ぐ位置にあります。国は批准に向けて、条約に反するような国内法の見直しをおこない、権利保障の水準を抜本的に高める責任があります。ところが日本政府は、きわめて消極的です。

 たとえば、障害者自立支援法です。「〇九年度に抜本的な見直しを行う」と言明していますが、「法の規定によるもので、条約の批准に向けて見直すのではない」との態度です。

 自民・公明政権が強行成立させた自立支援法の「応益負担」は、障害者が生きていくために必要な最低限の支援を「益」とみなし、費用を課すものです。障害者の社会参加と人権保障をうたう障害者権利条約の趣旨と相いれません。
 批判におされて国は、「特別対策」(〇七年度)と「緊急措置」(〇八年度)によって一定の負担軽減策を講じましたが、対象外の人が依然として多数存在し、根本的矛盾は解決されていません。「応益負担」制度はただちに廃止すべきです。

 条約の趣旨に照らして、難病患者をはじめすべての障害者が福祉施策の対象となるよう障害の定義を見直すこと、障害のあるすべての人を対象にした「総合的な福祉法」(仮称)の制定、平等を保障するための「障害者差別禁止法」(仮称)の制定なども急ぐべき重要課題です。

共同の運動さらに広げ
 国内法制度の見直しにあたって、障害のある人や関係団体の参加を重視すべきことも当然です。

 障害者の人間らしい生活と権利を求めるねばりづよい運動が、障害者権利条約制定の流れをつくりだし、日本でもいま政府を動かしています。障害のある人の自由と権利を豊かに実現するために、自立支援法の抜本的見直しと障害者法制・施策を国際的な水準に改善させるための世論と運動を大きく広げるときです。

| 障害者 | 22:28 | comments(0) | - | pookmark |
障害のある父の生き方愛しく
予備校講師 岸川一恵(千葉市 35歳) 2001年6月5日(朝日新聞)

 お父さん、あなたは今から30年ほど前、脳腫ようの後遺症で体半分が不自由な障害者になってしまいました。でも、あなたは頑張りましたね。途中で投げ出す人も多いのに、仕事もリハビリもあきらめませんでした。私を大学まで出してくれました。「なにくそ」というあなたの独り言が今も耳から消えません。
 あなたが4月に62歳で死んだ後、働いていたパチンコ店の景品交換所の前に立ってみました。外が見えるのは景品をやり取りする小さな窓だけ。畳半畳もない小屋でした。体が不自由なあなたは、トイレに出ようとして知らない人に突き倒されたり、「死んでしまえ」と暴論を吐かれることも多かったそうですね。
 あなたは家族に激しく当たることもありましたが、つらさを家族にぶつけることで、己の悲しみに折り合いをつけていたのでしょう。時々爆発するかのような激しい言動の意味が、ようやく分かる年になりました。今私は、あなたの生き方をありのまま受け止め心からいとしいと思います。
お父さん、お疲れさま。

7年前、わたしは休職で2年間家にいました。この投書を見て、どのくらい励まされたか、わたしの手帳に貼ってあるこの新聞の切抜きを見て、投稿しています。今も、この投書を大切にし、投書された方に感謝しています。
| 障害者 | 22:48 | comments(12) | trackbacks(1) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

この本は、朝日新聞朝刊の「声」欄に載った、人の胸をうつもの、心がゆさぶられるようなもの九十九編を選び作られたものです。この本が”明日を信じる勇気”になれば幸いです。(編集部)
+ RECOMMEND
臨床精神薬理 第10巻10号 (10)
臨床精神薬理 第10巻10号 (10) (JUGEMレビュー »)

批判的に読まれることをお勧めします。何故か、精神科医は薬剤業界からの寄付金で研究しています。癒着構造はマスコミ等でご承知の通りです。あえて言及いたしません。治験データ改ざん等、問題はたくさんあります。患者より自分の利益を優先します。ペンジジアゼピンがどのような歴史の中で日本で承認されたか調べてみるとよいと思います。未だに、承認に関わった精神科医は欺瞞的な態度をとっています。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
憲法の力 (集英社新書 399A)
憲法の力 (集英社新書 399A) (JUGEMレビュー »)
伊藤 真
憲法改正論議の必読書です! 法律学科の学生・卒業生は是非、お読みください。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

精神科に行く前に読んでください!
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
東京の下層社会―明治から終戦まで
東京の下層社会―明治から終戦まで (JUGEMレビュー »)
紀田 順一郎
下層社会の入門書です!
+ RECOMMEND
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会 (JUGEMレビュー »)
日本寄せ場学会年報編集委員会
寄せ場の文献案内です。解説が非常に参考になります。
+ RECOMMEND
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
灰谷 健次郎
灰谷作品の中で2番目に好きな作品です!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ