どのように生きるか

病気:躁うつ病・薬物依存(処方箋依存) 趣味:ウォーキング・読書・太極拳 宗教:天理教 平和:九条の会 一言:リンクを有効に活用してください!(本ブログはトラックバックの受付は行っておりません)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「東村山」北山公園 花菖蒲
6月15日、妻と東村山の北山公園菖蒲苑に行ってきました。
人間は、なぜ、花にこころを魅かれるのでしょうか。


北山菖蒲1
北山菖蒲2
北山菖蒲3
北山菖蒲4
北山菖蒲5
北山菖蒲6
| | 22:41 | comments(0) | - | pookmark |
根津神社のつつじをお楽しみください!
2008年4月29日
亀戸天神で藤を見て、なんと上野公園行の都バスに乗りましたら、根津駅に行きました。
あまりの偶然に驚きました。知っている方は、当然のことでしょうね。
それでは、根津神社のつつじをお楽しみください。
根津つつじ1
根津つつじ2
根津つつじ3
根津つつじ4
根津つつじ5
| | 23:27 | comments(0) | - | pookmark |
亀戸天神の藤をお楽しみにください!
2008年4月29日
亀戸藤5
亀戸藤4
亀戸藤3
亀戸藤2
亀戸藤1
| | 22:44 | comments(0) | - | pookmark |
銀閣寺と哲学の道散策
銀閣寺
 銀閣寺
 いよいよ私の京都、奈良の旅紀行も最終日(10月29日)の「銀閣寺と哲学の道散策」となりました。銀閣寺は高校の修学旅行以来、30数年ぶりです。
28日の「山の辺の道ハイキング」に続き、当日も天候に恵まれました。銀閣寺は修学旅行の生徒で入口は混雑していましたが、銀閣寺の庭園の厳かさに感動しました。
銀閣寺は、1482年、足利義政が山荘東山殿を造ったのがはじまり。銀閣寺垣の参道を入り中門をくぐると、錦鏡池(きんきょうち)を中心とする池泉回遊式庭園の前に出ます。国宝の銀閣に銀沙灘(ぎんさだん)・向月台(こうげつだい)の砂盛りが印象的でした。また、紅葉も少し始まっていて感激しました。
銀閣寺から、哲学の道を通り、法然院、安楽寺(見学謝絶)を見学し、京都を後に帰路につきました。
今年は、「延暦寺」、「山の辺の道」、「銀閣寺と哲学の道」と観光させていただきました。昨年は、嵐山、飛鳥、南禅寺・永観堂、一昨年は、金閣寺周辺、斑鳩と、ここ3年続けて京都、奈良を「天理へのおぢば帰り」の際に観光させていただきました。来年はどこを観光するか今から楽しみにしております。よいスポットがありましたらお教え願います。有難うございます。(感謝)
銀閣寺参道
 銀閣寺参道のおみやげや
銀閣寺銀沙灘
 銀閣寺銀沙灘
哲学の道
 哲学の道
法然院山門
 法然院山門:
安楽寺
 安楽寺

以上、今回の京都、奈良の旅の投稿は終了させていただきます。有難うございました。
(トト)
| | 20:30 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
東久留米七福神詣で
大圓寺
1月3日の浅草七福神に続いて1月4日は、西武鉄道で大々的に紹介している東京:東久留米七福神に行ってきました。西武池袋線東久留米駅から→‐牧院(大黒天尊)→∧泉寺(弁財天)→B進校(毘沙門天)な督纏(布袋尊)→キΝ大圓寺:写真(恵比寿尊、寿老尊、福禄寿尊)。雑木林、竹林、湧き水、黒目川と落合川の2つの清流。武蔵野の美しい自然とのふれあいがたっぷり楽しめる七福神です。道草しながらでも3時間ほどで歩ける手軽なコースです。今まで、谷中、浅草、隅田川、深川と街中の七福神を中心に行っていましたので今回の特に落合川の清流に沿ったコースは120%の自然を満喫でき、今までの七福神と趣が大きく異なり私にとって本当にすばらしい七福神詣でとなりました。皆さんにも是非、お奨めしたいコースです。
参考:西武鉄道 東久留米七福神めぐり
| | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
浅草七福神巡り
1月3日、浅草の七福神参りに行ってきました。ここ2、3年、七福神詣では年中行事となっております。浅草は江戸文化発祥の地と言われても過言ではありません。七福神めぐりの流行したのは江戸時代からと伝えられています。浅草名所七福神が九社寺ありますのは、「九は数の究み、一は変じて七、七変じて九と為す。九は鳩であり、集まる意味を持ち、また天地の至数、易では陽を表す」という古事に由来したことによるとのことです。(浅草名所七福神会)浅草寺(大黒天)から浅草神社(恵比寿)、侍乳山天(毘沙門天)、今戸神社(福禄寿)、橋場不動尊(布袋尊)、石浜神社(寿老人)、吉原神社(弁財天)、鷲神社(寿老人)と巡りました。侍乳山天の毘沙門天はよくお参りさせていただきましたが他の神社ではどこに七福神があるのか分かりませんでした。私の勉強不足ですかね。また、侍乳山天の甘酒は非常に美味しかったです。有難うございます。合羽橋道具店通りにある矢先神社(福禄寿)には行くことができませんでした。なぜか、箱根駅伝が気にかかり大手町に地下鉄で直行したからです。地下鉄から地上の道路に出たところで東海大学が4着でゴールとマイクで放送していました。以上、写真省略
| | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
祖師ケ谷大蔵から等々力渓谷へ
今日は、アド街ック天国の商店街特集でベスト15に入った小田急線祖師ケ谷大蔵の商店街を見たく行ってきました。商店街は駅の南北にあり、あまりのありふれた商店街にがっかりしました。が、商店街から砧公園、民家園、二子玉川駅、多摩川(玉川)堤、等々力渓谷とすばらしい自然を満喫してきました。等々力渓谷は渓谷に沿って600メートルの遊歩道があり途中、階段を昇と等々力不動尊もあり、多摩川の広々とした河川と渓谷美に満足し帰ってきました。

神山純一の「水の音楽」を聞きながら!
| | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴールデンweekは都内でウオーキング
5月4日、5日、6日の3日間、都内でウオーキングしていました。初日は、池袋から護国寺を参拝し、根津神社でつつじ祭りを見学し上野公園を通って、アメ横をぶらりと歩き、御徒町駅から帰途に着きました。2日目は、目黒駅から明治学院大学でお弁当を食べ、ちなみに明治学院は30年前と違い、新しい校舎となっていました、三田、芝公園、増上寺で参拝し、新橋から有楽町、東京駅までのコースでした。有楽町の**ホールではモーツアルトイヤーとかで多くの人で賑わっていました。
今日は、一度、行ってみたいと思っていました砂町商店街に行ってきました。高田馬場から東西線で南砂町駅で下車し、北に向かって進み、東西に約200mぐらいでしょうか、買い物客で賑わっていました。あるお魚屋さんでは50メートルもの人が行列をつくっていました。砂町商店街を後にして、清澄公園を通って東京駅までのコースです。
また、5月1日は、メーデーで代々木公園から明治公園まで3キロ弱、憲法改正反対、教育基本法改正反対と大きな声を出して参加してきました。
4月30日(日)は、楊名時太極拳所沢教室で故楊名時先生のお墓参りに鎌倉の東慶寺に行ってきました。
(悲しむために人は出会うのでは?)
| | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日光街道を行く 1
千住やっちゃば草加せんべい
いよいよ日光街道ウオークの始まりです。南千住駅10時。千住回向院は工事中のため中に入ることは出来ませんでした。回向院には吉田松陰、橋本左内などの今で言う時の政治犯が多く埋葬されています。回向院から(千住)大橋を渡り国道4号から旧道に入り、写真にあるヤッチャッバ通りとなる。このあたりの河原町は、江戸・享保(1716年〜)のころより毎朝市が開かれ、野菜や穀物あるいは川魚が商われ、ここから神田や京橋の市場へと運ばれたという。千住宿は「宿村大概帳」によると人口は、男5005人、女4551人、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠55軒、遊女屋36軒があり、品川、新宿、板橋とともに江戸四宿の一つであった。1625年に日光・奥州街道中の初宿と定められた。千住宿では高札場跡、金蔵寺、横山家、名倉医院を通り荒川の千住新橋へと続く。当日は千住新橋の手前にある足立区の図書館の入っている大きな建物で昼食をいただきました。いつものおにぎりです。千住新橋を渡り、左に100メートルほど行き、善立寺で右に曲がり梅島駅を通って、途中、国土安穏寺を参拝し、直進し4号を渡り、浅間神社、火あぶり地蔵を通り草加宿に辿り着きます。さすが草加です。おせんべい屋さんがたくさんありました。草加は1784年、1870年(明治3年)の2回の大火に襲われ、今の街並みは最古のものでも明治の大火以降のものである。「宿村大概帳」によると草加は人口男1693人、女1926人、本陣1軒、旅籠67軒だった。草加では綾瀬川にそってある松並木公園がすばらしかったです。途中、蒲生大橋を渡り左に曲がり清蔵院を参拝し、4時、武蔵野線南越谷駅に到着しました。1月15日は最高の天候に恵まれ最高温度は東京で13.6度に達しました。

参考文献:日光街道:大高利一郎編著:のんぶる舎

いま、地図のない街:風間一輝を読んでいます。相変わらず「寄せ場」への関心はつきません。
| | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
谷中七福神へ
谷中東覚寺上野弁天堂
今日は、母と谷中七福神に行ってきました。JR田端駅からスタートして上野公園でゴールする谷中七福神は巡りは、東京でいちばん古い「元祖七福神」のひとつ。道中には下町情緒あふれる街並みや老舗が集まり、見どころ満載の下町散歩コースです。
真っ赤な神に埋もれた仁王像が東覚寺(福禄寿)の目印(写真左)から始まり、青雲寺(恵比寿)、修性院(布袋)へ。青雲寺の塀には、1メートル四方に太鼓腹を突き出した布袋が描かれていてユーモアたっぷりです。この辺りから谷中銀座に入り、長安寺(寿老人)、谷中霊園の中にある天王寺(毘沙門天)、芸大並びの護国院(大黒天)、最後に上野公園の不忍池に浮かぶ島の中、弁天堂(弁財天)でゴールです。弁財天は、正月のご開帳はなく、九月の巳成金の縁日だけ、厨子の扉が開かれる。
皆様も是非、七福神にお出かけください。

参考文献:七福神巡り:平凡社:畑中三応子著
| | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

この本は、朝日新聞朝刊の「声」欄に載った、人の胸をうつもの、心がゆさぶられるようなもの九十九編を選び作られたものです。この本が”明日を信じる勇気”になれば幸いです。(編集部)
+ RECOMMEND
臨床精神薬理 第10巻10号 (10)
臨床精神薬理 第10巻10号 (10) (JUGEMレビュー »)

批判的に読まれることをお勧めします。何故か、精神科医は薬剤業界からの寄付金で研究しています。癒着構造はマスコミ等でご承知の通りです。あえて言及いたしません。治験データ改ざん等、問題はたくさんあります。患者より自分の利益を優先します。ペンジジアゼピンがどのような歴史の中で日本で承認されたか調べてみるとよいと思います。未だに、承認に関わった精神科医は欺瞞的な態度をとっています。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
憲法の力 (集英社新書 399A)
憲法の力 (集英社新書 399A) (JUGEMレビュー »)
伊藤 真
憲法改正論議の必読書です! 法律学科の学生・卒業生は是非、お読みください。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

精神科に行く前に読んでください!
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
東京の下層社会―明治から終戦まで
東京の下層社会―明治から終戦まで (JUGEMレビュー »)
紀田 順一郎
下層社会の入門書です!
+ RECOMMEND
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会 (JUGEMレビュー »)
日本寄せ場学会年報編集委員会
寄せ場の文献案内です。解説が非常に参考になります。
+ RECOMMEND
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
灰谷 健次郎
灰谷作品の中で2番目に好きな作品です!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ