どのように生きるか

病気:躁うつ病・薬物依存(処方箋依存) 趣味:ウォーキング・読書・太極拳 宗教:天理教 平和:九条の会 一言:リンクを有効に活用してください!(本ブログはトラックバックの受付は行っておりません)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
成果主義
2008年8月14日(木)「しんぶん赤旗」

成果主義
賃金反映に84%反対
全医労調査 “医療に支障”

 全国百四十六の国立病院に四月から賃金への反映を延期して導入された「業績評価制度」(成果主義賃金)について、「賃金に反映すべきでない」と考える職員が84%に達することがわかりました。アンケートを行った全日本国立医療労働組合(全医労)が中間集計しました。

 国立病院機構は四月、個人目標の達成度などを評価し、賃金に格差をつける成果主義賃金を導入。この制度に対し、全医労は、職員が協力し合うチーム医療を壊し、患者サービスの低下や安全・安心の医療を危うくするとして導入に反対しました。全医労の前回のアンケートでは九割の職員が導入に反対を表明し、機構側を追い込みました。中央労働委員会の三月のあっせんにより、評価を賃金に反映させる時期は十月以降に延期するとともに、評価制度の問題点を検証する労使協議を行うことになっています。

 成果主義賃金がチーム医療を壊す問題点について、評価結果を業績手当(一時金)や昇給に「現状では反映すべきでない」と答えた職員は51%、「賃金反映に反対」が33%で、84%が反映しないよう求めました。一方、「反映させるべき」は、わずか13%でした。

 職員からは、「チームワークで行う医療機関に点数による評価制度は導入すべきでない。私的感情が入り、公平に評価できるとは思えない」「理由があって超勤しても『超勤すると評価が下がる』と看護師長に言われた」などの声が寄せられました。

 全医労は、評価制度の導入に伴って評価に時間をとられ、患者サービスの低下を招くと批判しています。この問題では、「本来業務に支障がある」との回答は46%。「意欲の向上や医療・看護の向上につながらない」との指摘が47%を占めたのに対し、「つながる」は12%でした。「スタッフ間でギクシャクした雰囲気が生じた」「評価制度にかける時間を患者さんのためにかけるべき」「評価者の主観的な評価でかえって意欲が低下する」との声が上がりました。

 評価の公平・公正さが求められるにもかかわらず、評価結果が記された評価シートが未開示扱いにされていることについては、「開示すべき」の意見が88%を占めました。評価の苦情に対して上司ら評価する側が対応するという、苦情処理とは呼べない問題については、92%が「制度を整備すべき」としました。

 機構側は導入にあたり、評価制度の説明を十分に行ったと説明してきましたが、「(賃金反映の)具体的に説明がなかった」が58%。ヒアリングについても、13%がなかったと答え、「目標シートを何度も書き直された」「たった一、二分でヒアリングといえるのか」「ヒアリングの間は患者さんの対応を他の職員がやらなければならず、結局、患者さんにしわ寄せがいく」との声がありました。

 全医労は、評価制度の撤回を求め、五月から署名に取り組んでいます。

 職場の賛同が広がっており、ある病院では、産休・育休中や医師ら全職員に協力を呼びかけ、84%の職員から集まっています。
| 成果主義 | 23:28 | comments(0) | - | pookmark |
成果主義見直しも求める
非正規増え労働意欲低下
成果主義見直しも求める
労働経済白書

 厚生労働省は二十二日、二〇〇八年版「労働経済の分析(労働経済白書)」を発表し、労働者の満足感が「仕事のやりがい」「雇用の安定」「収入の増加」などで長期的に低下していることを明らかにしました。

 白書は、その要因として、企業が一九九〇年代から人件費の抑制を優先して正社員を減らし、非正規雇用が増大したためだと分析。成果主義賃金の見直しや正社員化への支援を求めました。span>
 今回の白書は、「働く人の意識と雇用管理の動向の分析」をテーマに、非正規化や成果主義賃金のもとでの労働意欲を分析しています。労働意識を白書で分析するのは初めての試みです。

 白書は、大企業の労働分配率は大きく低下していることを指摘。持続的な経済発展を実現するために、雇用の拡大、賃金の上昇、労働時間の短縮にバランス良く成果を配分することを求めています。

 労働意欲については、非正規雇用化、成果主義賃金によって長期的な満足感の低下があることを指摘。一九九〇年代に企業が人件費の抑制を優先し、若年層の計画的採用や育成の努力を怠ったことで、満足感が低下したと分析し、正規雇用化への支援を求めています。また、成果主義賃金の導入では、正規の中高年層で賃金格差の拡大による意欲の低下があるとのべ、賃金制度の見直しが企業経営の重要な課題だとしています。 さらに、日本の産業構造について、一九九〇年代までは生産性の高い産業に労働力が集中していたのに、二〇〇〇年代以降は、生産性の低い分野に労働力が集中していることを分析。生産性の高い製造業などで人員削減がすすみ、小売業やサービス業などで非正規雇用が増加することで、産業間の生産性格差が拡大しているとし、製造業などでの雇用拡大が課題だとしています。



| 成果主義 | 22:25 | comments(0) | - | pookmark |
成果主義で賃上げ格差
電機大手春闘

 今年の春闘で電機大手は二千円の賃金改善要求に対して軒並み千円の回答となりました。しかし、成果主義賃金のもとでは賃上げとならない労働者も多く、「すべての労働者の賃上げを」との声が上がっています。

■松下電器
 昨年、賃金改善原資が一部の労働者だけが対象の育児手当などに回された松下電器。今年は、福利厚生の千円分の「ポイントサービス」や、初任給と年齢別最低保障本給の引き上げという賃金体系の是正にあてられました。賃金水準が電機連合の掲げる目標水準を上回っているためだと職場で説明されています。

 ポイントサービスは商品券との交換や提携店舗・施設の利用に使えるものの、賃金ではないため退職金や一時金、残業手当に反映しません。

 男性社員は、「よそに比べて高いといっても、来年度から五十代のほとんどを賃下げする制度を導入しようとしており、不安です」と話しています。

■東芝
 東芝では職務給、初任給、年齢別最低賃金を引き上げますが、成果主義で全員が賃上げになるわけではありません。
 職務給も人事考課によって決められ、今回の引き上げは、上位の等級は六千円、中位は三千円ですが、下位の等級はありません。

 Aさんは、この職務給がつかない仕事のため、引き上げはありません。

 「私の場合、それとは別の成果主義の考課が『A』だったため、四月から五千円上がったので救われました。しかし、『E1』なら一万二千円、最高の『E3』なら二万六千円で、五倍以上の差があります

 Aさんは、「物価高、税・保険料負担が増す中、賃上げ要求には遠く及びません。労働者はいかにいい評価をえて昇格するかに駆り立てられる仕組みになっています」と話します。

■日立
 日立では、一律に五百円を引き上げ、残りの五百円は成果主義の評価に応じて配分するとしています。

 「J1」から「J5」までの評価と、職群等級によって決まります。総合職五級でJ1なら八百円、評価がJ4以下ならゼロです。

 Bさんは、「成果主義の賃金水準は〇四年の導入以来変わっていません。労働者はノルマの達成に追われ、教え合い・助け合いの雰囲気はなくなってしまいました。成果主義は廃止すべきです」と話しています。

■NEC
 NECでは、千円は成果主義の評価に応じて配分されます。

 二十九歳「A職群二級」の場合、評価が最高の場合は千二百円が加算され、逆に最低ならゼロになってしまいます。

 NECで職場環境の改善をめざして活動している「NEC&関連労働者ネットワーク」は、成果主義によって中高年の賃上げは少ないことを指摘し、「労働者の要求・期待にまったくこたえていない」と指摘しています。

時間外割増は全社継続協議
 今春闘では、時間外割増率引き上げも焦点となりました。長時間労働是正のため、電機連合(連合加盟)は今春闘で月四十時間を超えた時間外労働と休日労働の割増率を50%以上に引き上げることを要求しました。

 しかし、経営側が強く抵抗し、加盟労組すべてで継続協議になりました。

 NECでは、実際に働いた時間ではなく決められた時間を労働時間とみなす裁量労働制が導入され、残業代は事実上の定額制となっています。

 Cさんは、「うちの職場では、実際に働いた分だけ時間外割増を申請できる労働者は二―三割ぐらい。サービス残業の温床になっている裁量労働制をやめるべきです」と話しています。


| 成果主義 | 21:17 | comments(0) | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

この本は、朝日新聞朝刊の「声」欄に載った、人の胸をうつもの、心がゆさぶられるようなもの九十九編を選び作られたものです。この本が”明日を信じる勇気”になれば幸いです。(編集部)
+ RECOMMEND
臨床精神薬理 第10巻10号 (10)
臨床精神薬理 第10巻10号 (10) (JUGEMレビュー »)

批判的に読まれることをお勧めします。何故か、精神科医は薬剤業界からの寄付金で研究しています。癒着構造はマスコミ等でご承知の通りです。あえて言及いたしません。治験データ改ざん等、問題はたくさんあります。患者より自分の利益を優先します。ペンジジアゼピンがどのような歴史の中で日本で承認されたか調べてみるとよいと思います。未だに、承認に関わった精神科医は欺瞞的な態度をとっています。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
憲法の力 (集英社新書 399A)
憲法の力 (集英社新書 399A) (JUGEMレビュー »)
伊藤 真
憲法改正論議の必読書です! 法律学科の学生・卒業生は是非、お読みください。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

精神科に行く前に読んでください!
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
東京の下層社会―明治から終戦まで
東京の下層社会―明治から終戦まで (JUGEMレビュー »)
紀田 順一郎
下層社会の入門書です!
+ RECOMMEND
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会
寄せ場文献精読306選―近代日本の下層社会 (JUGEMレビュー »)
日本寄せ場学会年報編集委員会
寄せ場の文献案内です。解説が非常に参考になります。
+ RECOMMEND
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
灰谷 健次郎
灰谷作品の中で2番目に好きな作品です!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ